器は、おいしさの一部です。

 

                       おいしさには故郷がある。

                       家族を繋いでくれる、毎日の食卓。

                       あと何年くらい、こうして家族みんなで

                       食卓を囲めるのだろう。

                       子供たちが大きくなり、自分も歳を重ねていく。

                       そんな温かい食卓に彩りを加える、器たち。

 

                       早く帰ろう。

                       いつもの器のそばに。